散骨を行う理由と注意点

###Site Name###

散骨とは、火葬した後の遺骨をお墓に埋葬するのではなく、海や山、空中などに撒く葬送方法のことで、日本でも最近になって注目されるようになりました。
その理由は、大きく二つあります。

一つ目は、古いしきたりなどにとらわれない人が増えたことです。


散骨は自然葬の一つとされ、形式や慣習にとらわれない人にとって「死後、美しい自然に還る」というイメージが強くあります。

そのため、そういった人には、暗いイメージのある墓地への埋葬より受け入れられやすいと思われます。



二つ目は、お墓の維持や継承が難しくなっていることです。

日本は人口密度が高く土地が少ないため、主に都心部で墓地が不足しています。また、核家族化や少子化も進んでおり、お墓を継承し、次に伝えていく人も不足しています。散骨は墓地を必要としないため、お墓を維持、継承する必要がありません。これらの理由から、最近この方法で個人を送り出す方が増えているようです。

一方で、散骨を行う際にもいくつか注意点があります。
例えば、遺骨はしっかりと粉末にしてから撒かなければいけません。

火葬した後の遺骨は、まだある程度の形が残っています。



それをそのまま撒いてしまうと、他人の目に触れるおそれがあります。
海に撒くと、そのまま海岸に打ち上げられることもあります。そのようなことが無いよう、きちんと粉状にしてから撒く必要があります。
他にも、他人の私有地や川には撒かない等、きちんとマナーを守ることが大切です。散骨は、故人の生前の意思で行われることが多いです。

その意思を尊重しつつ、安らかに故人が眠れるよう、送り出す側もマナーを守ることが大切です。

ジョルダンニュース!情報はこのサイトにおまかせ下さい。