散骨できる場所はたくさんある

###Site Name###

最近は遺骨をお墓に埋葬るのではなく、散骨する方法をとる人も増えてきています。

遺族がそれを望むというよりは故人が亡くなる前に散骨を希望するということが多いです。中には、勝手に散骨をすることに対して不安がある人もいるかもしれませんが、散骨を扱っている業者によって埋葬許可が必要なケースもあったりしますが、骨をまく場合は特別な手続きや届け出は必要がありません。

しかし、お墓に埋葬していある遺骨を持ち出して散骨するような場合は、当然墓地の管理者の許可が必要になってきます。



また、骨をまいて、お墓の中に遺骨がなくなれば、お墓が不要になりますから、墓石を撤去して土地を返還する必要が出てきます。



骨をまく場所については、主に海や山にまくことが一般的に多いですが、海上の場合は代行を行っている業者があり、依頼すると複数の遺灰を海上にまいてくれます。

変わったものだと、宇宙葬といって、遺骨の一部をカプセルに入れて宇宙に運ぶといった方法で骨をまく方法もあります。

このように骨をまくためには、事前に骨を粉末状にする必要がありますが、方法としては自分でハンマーなどを使用して行うこともできますが、骨をまくサービスを行っている業者に依頼することもかのうなので、自分では難しい場合は業者に依頼するとよいでしょう。


自治体によっては、骨をまくことを禁止しているところもありますから、念のため役所などで問い合わせてみて、確認してから行った方がよいでしょう。