古来の葬儀の方法だった自然葬

###Site Name###

自然葬とは、整備されてた墓地の土地を買い墓石を建て眠ると言う従来の埋葬方法とは違い、遺骨を直接自然に返す葬法を言います。

従来の墓ではなく海や山等の自然に遺灰や遺骨を還すことで、自然の大きな循環の中に還すと言う葬法です。

Ameba Newsに関する情報に追加しています。

自然葬と呼ばれる葬法には、海や山への散骨以外に樹木葬もあります。
広い意味でとらえると風葬や鳥葬、水葬に土葬も含まれますが、現代の日本では1948年にできた「墓地、埋葬等に関する法律」により行うことは出来ません。


自然葬の大きな利点は2つあります。


ひとつは継承者なしでも大丈夫だと言うことです。

従来のお墓に継承者ありきが前提でしたが、自然葬はそのようなわずらわしい事からも解放されます。

千葉の自然葬の情報サイトはこちらです。

もう1つの利点は費用が安くおさえられる事です。


一般的に墓地は土地と墓石を建てる費用がかかり200万円から350万円が相場です。



これに毎年管理費も掛かるようになります。


それに対して自然葬の中の海への散骨ですと、遺族だけでゆっくり散骨する場合はクルーザー1台貸し切りと、自然埋葬証明書とお花などが用意されて20万円から35万円、これに遺骨を粉末化してもらう作業料が2万円から5万円ほどかかります。

木や花に包まれて眠る樹木葬では、30万円から85万円で年間管理費も不要のところもあります。

宗教にとらわれず行えますので、葬儀の際の戒名代不要になります。位牌は本名でできます。
自然に還ると言う思いを実現した葬法です。